韓国向け貨物のHSコード分類番号表記について
2015年1月8日    
  平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
  2014年9月より(9/1(月)集荷分から)韓国向けで申告価格がUS$100(CIF)未満の貨物についても、輸入の際にHSコード(最初の分類番号 2桁)の申告が必要となりました。 韓国向け貨物をご発送の際には、インボイスにHSコード(最初の2桁)の記入をお願い致します。 インボイス上にHSコード(最初の2桁)がない場合、通関および配達遅延の原因となりますので、ご理解とご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。
  なお、品目が多数になる場合は一番数量が多いもの品物のCODEをご記載頂ければ結構です。
    例)FABRIC 10M, BUTTON 100PCS, TAG 1000PCSの場合
        TAGのみのCODE記載で結構です。
  ※HSコード(Harmonized System Code、統計品目番号)の分類番号は下記税関ホームページでご確認いただけます。
  税関ホームページ 輸出統計品目表(2015)
  ご不明な点等ございましたら、弊社の羽田輸出通関チーム(03-5708-7031)までお問い合わせください。